ももたの部屋

                     

未経験から経理担当になった私が最初に購入した本3冊をご紹介します!

経理関連の本3冊

こんにちは、今日は私が経理の勉強のために最初に購入した本を3冊ご紹介します。

私は経理について知識が全くなかったので、そもそも経理とは何かがわかるような本や、簿記についても初心者向けで実務に役立ちそうな本を選びました。

以下の3冊です。

【1冊目】経理実務がぜんぶわかる本  西木敏明

経理実務が全部わかる本

【目次】
経理の基礎知識 経理の流れ、伝票と帳簿の基礎知識

日常業務

現金・預金・小切手の取り扱い、売上、仕入の実務、経費、給与、人件費 資産と負債の実務 

決算手続き編 決算書、決算の手続き、税金の申告、納税

経理の仕事とは、どのようなものかが順に解説してあるので、経理の業務の流れをイメージする事ができます。

また、伝票の記入の仕方や手形の記入例などが図解で解説してあるので、実際に伝票を書く時に参考になります。

私は勘定科目(経費の性質を表すもの)を確認する時に、この本をよく使いました。

アマゾンの口コミでは新入社員の方も読んでいるそうですよ!

「某大手会計事務所では、新卒新入社員に必ず読ませている本です」                             

                        引用:アマゾン口コミ

初めて経理の仕事をする人にとっては、とても良い本だと思います。


経理実務がぜんぶわかる本〈’12~’13年版〉

【2冊目】超かんたん簿記入門 佐藤増彦・前嶋仁一

超かんたん簿記入門

【目次】

プロローグ いっしょに簿記にTRYしよう 
1章 主要な取引を簿記で考える
2章 よく使う勘定科目を覚えよう
3章 実務に欠かせないポイントをおさえる
4章 集計と転記で簿記を再確認する
5章 決算書の作成に取り組む

登場人物の2人が、猫の先生に簿記を習います。

題名の通り超初心者向けでイラストが多いのですが、初めて読んだ時はプロローグが得にわかりづらかったです。

弥生会計ソフトを実際に記帳しはじめてから、改めて読むと理解できました。

簿記の練習問題のCD-ROM付です。


超かんたん簿記入門

【3冊目】一番やさしく 総務・労務・経理の仕事がわかる

一番やさしく 総務 労務 経理の仕事がわかる本

【目次】
総務の仕事を覚えよう
総務の日常の業務
総務のための法律と手続き
労務・人事の仕事
採用と退職の手続き
労務に関係する法律と届け出
経理の基本
経理の日常業務
決算と申告

Word Excelの書式データー付き CD-ROM(総務・労務・経理の書類)

私は経理を担当するのですが、総務や労務の仕事も間接的に関わることがあります。

全体像を知りたかったので購入しました。

イラストの多い本で、わかりやすいです。

この本は、ざっと目を通して必要な時に見るようにしました。


CD‐ROM付き 一番やさしく総務・労務・経理の仕事がわかる

まとめ 

【1冊目】経理実務がぜんぶわかる本 西木敏明 

     経理のお仕事にはじめて就かれる方におすすめです。

【2冊目】超かんたん簿記入門 佐藤増彦・前嶋仁一

     簿記についてはじめて学習される方におすすめです。

【3冊目】一番やさしく 総務・労務・経理の仕事がわかる

     総務・労務・経理に就かれる方、会社を設立される方におすすめです。

 

よかったら、読んでみてくださいね!