ももたの部屋

                     

税理士さんに依頼できる仕事内容と、会計事務所での初面談をご紹介! 

   決算書 

こんにちは、 これから経理のお仕事を始められる方や、税理士さんと面談される方は、最初はとても不安かと思います。

当時、経理経験がなかった私のリアルな体験談をお伝えします。

最初の経理の仕事は税理士さんとの面談の為の準備でした✨

私は税理士さんに、どのようなことを依頼できるのか詳しく知らなかったので、事前にネットで確認したのです。(^-^;

今日は、税理士の仕事内容会計事務所での初面談の様子について、まとめてみました。

税理士の仕事内容はどのような業務か

税理士は税務の専門家で、納税者がスムーズに税金を納められるようにサポートしてくれます。

税理士には、税理士だけができる以下の3つの独占業務があります。

【独占業務】
  1.  税務代理 
  2.  税務書類の作成
  3.  税務相談

 

1 税務代理

納税者(企業、個人)の代わりに税金の申告や申請をする。

税法は複雑で頻繁に改正されてしまう為、事業主・一般の人には申告が難しいため税理士が、代わりに手続きをします。

2 税務書類の作成

官公署(県税事務所、市役所、税務署など)に提出する書類の作成。

確定申告、青色申告、相続税申告、源泉所得納付書、決算書(個人事業主、法人)などです。

3 税務相談

税金に関する相談。

【税務相談の内容】
  • 節税対策:いかに節税してお金を残していくかをアドバイス
  • 融資相談:銀行から融資を受けやすくする為のアドバイス
  • 相続税:不動産取得時のアドバイス 

 

また、独占業務以外の仕事としては、

【独占業務以外の仕事】
  • 会計業務:経理担当者に代わり記帳作業
  • 経営コンサル:(税務に関する一般論の範囲) 経営計画書の作成

 

などがあります。

個人では膨大な時間のかかる手続きを、税理士さんにお願いすると正確に素早く処理してもらえるので、ありがたいですよね!

さらに法人、個人事業主においては、依頼者側にたって経営面などのアドバイスを頂ける心強い存在です。

私の会社では、決算書の作成社長個人の確定申告顧問契約を依頼しています✨

体験談 2007年8月 税理士さんと初面談

会社を設立後、経理では初の対外的なお仕事です。

税理士さんは、知人の方からご紹介頂いた綺麗な女性の方でした!(#^^#)

会計事務所に電話

事前に電話で以下のことをお伝えしました。

【電話でお伝えした内容】
  • 法人決算書の作成 個人の確定申告をお願いしたいこと
  • 1月~8月までの領収書、レシートの記帳ができていないこと
  • 設立前にも設立準備の為、支払った領収書があること
  • 経理初心者であること

 

税理士さんからは、

「設立以前に支払ったものが経費になるかを確認したいので、一覧で分かるようにしてください」

とのことでした。

  • 購入した物
  • 金額
  • 用途
  • 在庫の有無

私は一覧表をパソコンで作成し、レシートはノートに貼り付けました。

会計事務所にご訪問

会計事務所には、社長と私と2人でご訪問させていただきました。

20名程のスタッフの方が、笑顔で迎えて下さいました。

            パソコンの前で仕事をする人

応接室で、所長さんと税理士さんに挨拶をしました。

         男の人が2人で握手をしている

お茶とお菓子をいただきました。(*^^*)お抹茶大好き💕

          お抹茶とお菓子

会社の業種や商品、サービスについて紹介

最初に所長さんからの質問でした。

会社がどのような分野で、どのような商品を扱っているのか、今後の展望などについて聞かれました。

社長は人とお話するのが大好きなので、商品について楽しそうに説明し、今後の抱負を熱く語っていました。(/・ω・)/

所長さんも税理士さんも、時々質問をしたり会社の資料をコピーしたり、とても熱心に聞いてくださっていました。

ここまで1時間30分ほどでした。

会計業務について

次に会計業務についての内容でした。

税理士さんに事前にお願いされていた設立前の支払表を確認して頂きました。

       レシート貼り付けノート データーの表

税理士さんから

「交通費などの摘要欄の書き方などは、こんな感じでいいですよ」

「経費になるかどうかは後日連絡します」

「設立後のレシートなどは、日付順に入力してくださいね」

「伝票入力は複式簿記の税込入力でお願いします」( ..)φメモメモ

「何か記帳でわかりにくいことありましたら、ご連絡下さい」

とのことでした。

よかった(^^♪ 

わからないことは、教えて頂けるのだと安心しました。

 

会計ソフトのことをお聞きしたのですが、こちらの会計事務所では「会計王」を使用していとのことでした。

私は「会計王」と「弥生会計」とどちらにするか検討中だったので、とても迷いました。(´・_・`)

面談は2時間ほどで終わりました。

決算時の1年に1回のみ面談していただいています。

会計事務所によっては、面談の回数が毎月や3ヶ月ごと、半年ごとなどあるようです。

会社を設立して以来お世話になっているので、いろいろと細かなアドバイスも頂けて助かっています。

税理士さんをお探しの方はこちらです。

まとめ

税理士は私たち納税者をサポートしてくれる税務の専門家です。

税理士には、税理士だけができる以下の3つの独占業務があります。

【独占業務】

  1.  税務代理 
  2.  税務書類の作成
  3.  税務相談

また、独占業務以外の仕事としては、

【独占業務以外の仕事】
  • 会計業務:経理担当者に代わり記帳作業
  • 経営コンサル:(税務に関する一般論の範囲) 経営計画書の作成

 

などがあります。

税務で困ったことがあった場合は税理士さんにご相談して下さいね!

今日は、税理士さんに依頼できる仕事内容と、会計事務所での初面談のお話でした。